重視するところによってさまざまな選び方があるベビーベッド

ベビー用品

LIST

2017年04月13日
こんなにある!ベビーベッドのメリットを更新しました。
2017年04月13日
ベビーベッドを通販で購入する前にすることを更新しました。
2017年04月13日
ベビーベッドの上手な使い方を更新しました。
2017年04月13日
ベビーベッドは本当に必要?を更新しました。

ベビーベッドは布団派にもおすすめ!

赤ちゃんグッズを揃えようとなると、ベビーベッドを用意するべきか悩む方も多いのではないでしょうか?うちは布団で寝ているという人や、短期間しか使わないと考えている人など様々だと思います。実際に私も出産前に悩んだ一人です。ですが、結果的にベビーベッドを購入して大正解でした。我が家も布団派で、住まいもマンションなのでスペースや使用期間を考えてミニサイズのベッドを用意しました。そして夜寝るときには布団で一緒に添い寝です。
ではベビーベッドはなぜ必要なのか?昼間、寝かせておくためです。それだけのために、と思うかもしれません。でも、掃除をしたり、バタバタと動き回る部屋で布団に赤ちゃんを寝かせておくのは気が引けますよね。また、オムツ替えをする際にも高さのあるベッドだと腰への負担が少なくて楽なんです。一日に何度もやることなので、結構大事なポイントです。
そして、ベビーベッドを買うなら、収納スペースがあるものがおすすめです。ベッド下にオムツやおしりふき、その他結構たくさんのものが仕舞えるので、このスペースが大活躍してくれます。赤ちゃんのものがまとめておけるのは嬉しいですよね。我が家では、寝返りが始まってベッドとして使わなくなってからも、オムツ替え台や収納として、かなり長い期間役にたってくれています。もしベビーベッドのことで悩んでいる方がいるなら、ぜひ使ってみてください。

何を重視する?ベビーベッドの選び方

お子さんの誕生の為にパパとママはしなければいけない準備がたくさんあります。その中の一つがベビーベッドの準備ではないでしょうか。でもいざ買おうとなると、様々なものがあり値段も幅広いため、何を選ぶのが一番いいのか迷ってしまいませんか?そこで、寝室や生活に合わせたベビーベッドの選び方をご紹介します。
まずは夫婦の寝る場所が布団かベッドかで選ぶベッドが変わります。布団派なら選べるベビーベッドもそんなに絞られませんが、ベッド派の方はベビーベッドを大人用ベッドの横に付けるかどうかで選べるベッドが限られてくることがあります。大人用ベッドの横につけると添い寝ができるのでとてもいいです。ですが、そうなると下の物置が使いにくくなります。下の段の物置は大体開閉側に扉がついているので、おむつのストックなど使用頻度の多いものの収納がしにくくなります。
それは困るという方におすすめなのが、短辺側に収納扉のついたタイプのベビーベッドです。収納はそのまま生かせて添い寝も出来るので大変便利です。また、夜中の寝かしつけで何度も大人用ベッドの乗り降りをするのが不便に感じるという方には、長辺側だけでなく短辺側(足側)の柵の開閉ができるタイプのベビーベッドもあります。おむつの交換が楽になるので、お世話のしやすさを重視するならこのタイプがおすすめです。赤ちゃんの寝る場所なのでいいものを、生活に合わせて慎重に選びたいところですね。

どっちがいい?2タイプのベビーベッド

今や沢山の種類があるベビーベッド。大まかにハイタイプと多目的タイプがあります。それぞれに特徴があるので見ていきましょう。定番のハイタイプのベビーベッドは頑丈さと柵の間から赤ちゃんが見えやすいのがメリットです。バリエーションも多く、床面がスノコになっているものや、移動ができるキャスター付きのもの、ベッド下に収納を備えたものなどがあります。また、大きくなってきたらお昼寝時だけ使いたい、という場合には折りたたみタイプもあります。重さがあるため自在に移動させるよりも、ある程度使用場所を固定した使い方を想定している人におすすめです。
ベビーヤード・プレイヤードにもなるタイプのベビーベッドは、側面がメッシュになっており多目的に使えるのが最大のメリット。床面は2段階に設定できますが、低いほうは大人の膝下になるので専らヤード用です。殆どのものは折りたたみ式なので、携行性に優れ、価格も木製のハイタイプに比べるとリーズナブルです。実家と自宅の往来が多い人などにおすすめです。赤ちゃんが1日の大半を過ごすベビーベッド、上手に選びたいですね。そのためには、置き場所に合わせたサイズだけでなく、生活スタイルにもマッチしたものを選ぶのがポイントです。


ベビー用品のなかで、もっとも選ぶのに苦労するのがベビーベッドではないでしょうか。家のレイアウトとの兼ね合いなどもありますし、実際に自分の子供に合っているものなのかなども心配になります。選ぶのが大変ですが、それだけ重要なものなので、妥協せずにじっくりと選んでいくといいでしょう。

INFORMATION

  • ベビーベッドは本当に必要?

    お腹がだんだん大きくなり、そろそろ出産準備を始めよう!という所で、ベビーベッドに関しては必要かどうかよく悩みました。ベビーベッドはとても大きいですよね?アパート暮らしの私には、部屋が窮屈に感じてしまうのが嫌でした。値段もそれなりに高いものが多いです。実際にベビーベッドを購入したが、子供がそこで寝てくれず、邪魔になってしまったという話も聞いたりしていたので。かといって、大人が使用しているベッドでの添い寝は窒息などの危険が伴います。新生児の死亡例として、添い寝での窒息死はそう少なくない…

    »詳しく見る

  • ベビーベッドの上手な使い方

    ベビーベッドは、家庭環境によって必要な場合と必要でない場合があります。ベビーベッドは、赤ちゃんを寝かせるために安全で生活な空間を確保するのに役立ちます。ベビーベッドは赤ちゃんの空間だからです。上の子がまだ小さかったり、イヌやネコなど動物を飼っている家庭には、赤ちゃんを簡単に守ることができます。ベビーベッドには柵があるために周りからは見えやすく、中に入れないようにできているからです。また、上の子が赤ちゃんにいたずらする心配がなく、動物の毛が赤ちゃんまで飛び散ることをできるだけ防ぐこと…

    »詳しく見る

  • ベビーベッドを通販で購入する前にすること

    今は通販でいろいろな物を買うことができる便利な時代になりました。特にお腹の大きな妊婦さんにとっては、実店舗で長時間ベビー用品を選ぶのは体に負担がかかりますから、通販を利用すると助かりますね。ただし、ベビーベッドを通販で購入するなら事前にすることがあります。お店に行けば実物のベビーベッドを見ることができますが、通販では当然見ることはできません。そこで、購入前にできるだけ具体的なイメージが掴めるように、寸法をチェックして置き場所として予定している所にメジャーを当てておきましょう。こうす…

    »詳しく見る

  • こんなにある!ベビーベッドのメリット

    初めて赤ちゃんを家族に迎える人が気になるのが、赤ちゃんの「寝る場所」。1日のほとんどの時間を寝て過ごす赤ちゃんにとって、最適な環境を用意してあげたいですよね。ベビーベッドは高さがあるので、ほこりやダニなどから赤ちゃんを守れる、人が歩く床の振動が伝わりにくく、起こしてしまう心配が少ない、などのメリットがあります。また、赤ちゃんと一緒の布団で添い寝する場合に比べて、パパやママもぐっすり眠ることができます。部屋が狭くてベビーベッドを置けない、と思っている人も、家具の配置を換えたり、いらな…

    »詳しく見る